no-image

ストレスによる脳疲労からの回復にイルチブレインヨガ

「疲労」というと肉体的なものを思い浮かべがちですが、実は、現代人は体よりも脳の疲労のほうが深刻だとされます。脳が疲労すると、ストレスをうまく処理できず、心のバランスを崩しやすくなります。さらに、自律神経も乱れ、体調もさまざまなトラブルに見舞われがちに。イルチブレインヨガで重い慢性疲労から立ち直ったという34歳の女性研究員の方の体験談を紹介します。

イルチブレインヨガの体験談
「極度の無気力状態から脱出」
34歳 会社員 女性

昨年の2月に体調を崩し、会社を休職しました。毎日3時間半かけて通勤し、激務の研究職に追われるなか、カゼのような症状が1か月ほど続いた後、疲労感や微熱、めまい、冷や汗、頭痛などの症状がいっぺんに表れ、会社に行けなくなったのです。

病院では、「慢性疲労症候群」の疑いがあると診断されましたが、治療は精神安定剤を処方されただけ。1日15~16時間寝ても疲れが取れず、立っているのも食事をするのもしんどいという状態でした。無気力で何もやる気が起きないまま、2か月過ごしました。

イルチブレインヨガと出会ったのはそのころです。体験レッスンを受けてみたら、なぜか気持ちがホッとし、体が楽になった気がしました。ずっと続いていた頭痛がトレーニングをしたら軽くなったのです。

ただし、スタジオに通い始めて最初のころは、家に帰るとまた頭痛や倦怠感が襲ってきました。レッスンを受けると具合がよくなるので、午前中にスタジオに行き、昼は家で横になり、夜にもう一度スタジオに行っていました。

入会して1か月ほどで気持ちがガラリと変わりました。以前は、本を読むこともできず、買い物に出ても何を買いに来たか思い出せないほど、思考力や記憶力が低下していましたが、頭が働くようになってきたのです。物事を考えることも苦痛でなくなり、人と話すのが楽しく感じられるようになりました。そして、3カ月で仕事に復帰できました。

今も相変わらず仕事は忙しいですが、一晩寝ると疲れはスッキリ取れます。子どもは起きている間は遊びに夢中になってクタクタに疲れても、バタリと寝れば、翌日また元気に遊び回っていますよね。今の私は、まさにそんな感じです。集中力や行動力が高まり、仕事の能率も上がりました。

以前までの私は、他人を否定的な目で見がちでした。何かと人のせいにしたり、人を批判したりすることがよくありました。人づきあいも苦手でした。しかし、今は違います。自分から心を開くようになり、自分の気持ちを正直に言えるようになりました。性格が明るくなり、いつも気持ちが楽です。人間関係もすっかり改善しました。

イルチブレインヨガのトレーナーのコメント
慢性疲労症候群は、長年のストレスによる「脳の疲労」によって引き起こされる場合が多いです。イルチブレインヨガのトレーニングは、こうした脳の疲労や緊張を取り除き、脳の活力を取り戻してくれます。この会員さんも、イルチブレインヨガで脳がリラックスできた結果、無気力状態から脱出し、いきいきとした感情が回復したのだと思います。