no-image

【生命電子ヒーリング】病苦の40年の末の奇跡「両足でしっかり歩けた!」

生命電子ヒーリング体験

八幡千恵子さん、大阪市天王寺スタジオ

若いころにパーキンソン病にかかり、40年間、ずっと苦しみ続けました。体の震えが止まらず、杖がなければまともに歩くことができませんでした。

唯一の楽しみといえば、本を読むこと。ある日、図書館で一指李承憲氏の著書を読んで感銘を受けました。さっそく一指李承憲氏の他の本を読みあさり、近くにあったイルチブレインヨガ天王寺スタジオに入会しました。

初めは「丹田リズム体操」をしようとしても、手がまともにお腹に当たらないような状態でした。しかたがないから、イメージだけで丹田リズム体操をしました。力が出ない時は、壁にもたれて座りながら「脳波振動」をしました。

トレーニングを続けているうちに、体がよくなり始めました。入会から3年間、ほとんど毎日トレーニングしました。

先日の特別トレーニング「ILCHIチョンファ瞑想」で、心を一つにして参加者全員から「生命電子ヒーリング」を受けたときのことです。ヒーリング後に歩いてみたら、足の裏が大地にぴったり触れる感じで歩けるではありませんか!! 病気になってから40年の人生のなかで、初めての経験でした。

今までは、歩くといっても、ツマ先でヨチヨチ歩くくらいだったし、両足でしっかり立つことができませんでした。ところが、生命電子ヒーリングを受けてから、両足でしっかりと立つことができるようになりました。

生命電子ヒーリングでは、生命電子の存在が大きな愛として感じられました。そして人間というのは、ただ足裏がしっかりと大地に着くだけでも、無条件に幸せになれるということが、ヒーリングで分かりました。

最近は生命電子カードを常に持ち歩いています。町内のおばさんが「腰が痛い」と言うので、生命電子カードで何度かなでてあげたら、「痛みがとれた」と喜んでくれました。

このような良いトレーニング方法を知らせてくださった李承憲先生に、そして生命電子に本当に感謝いたします。

★ ★ ★
イルチブレインヨガ(ILCHI Brain Yoga)・ブレインダンヨガは、脳科学と
ヨガを融合させた体と心と脳のヨガ、ホリスティック・エクササイズです。
体のトレーニングを通して脳を活性化し、心身の健康、幸せを実現します。
脳教育BEST5にもとづくILCHIチョンファ心性(真我発見)プログラムなどの
特別トレーニングを、人生の充実を希望する方たちに提供しています。

イルチブレインヨガのスタジオ・教室情報はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/

イルチブレインヨガの体験はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/reserv/yoyaku.html