癒されたいときは「生命電子カード」

イルチブレインヨガ生命電子カード

生命電子カード

人間の体中を飛び回る無数の生命電子。生命電子は、原子と原子を結び付けるだけなく、生物や物質をつなげるための素粒子であり、宇宙の万物の根源です。

この生命電子の働きを活発にすることで、人はエネルギーや気のパワーを強め、集中力や自然治癒力、生命力をアップすることができるとされます。

生命電子の力を呼び覚ますのに役に立つのが、イルチブレインヨガの「生命電子カード」。「ヒーリング効果のある癒しのカード」として、世界中の利用者から驚きの声が寄せられています。

生命電子カード生命電子カードは、クレジットカードくらいの大きさ。使い方は簡単で、カードに描かれている太陽の中心部を見つめたり、体の方向に向けるだけです。

たとえば、心の不安や心配をやわらげたいときは、カードを眺めた後、額に向けると、脳波が安定し、体と心が楽になります。また、病気やケガで困っている方は、体の悪い部分にカード向けて、改善されるイメージをふくらませると、痛みなどの感覚に変化が出てきます。いいアイデアやインスピレーションを得たい場合にも、カードを見つめます。

瞑想や呼吸法をするときには、生命電子カードをうまく取り入れることで、より大きなヒーリング効果を得ることができます。

カードを使うときのポイントは、気持ちを集中させること。生命電子という存在を意識し、それを活発化させるという意志を持つことが大切です。

■ 生命電子カードの利用者の感想

イルチブレインヨガ体験「外れた鎖骨が1か月早く回復」
50代 女性
3月に自転車事故を起こし、左肩の鎖骨のじん帯が切れるという大けがをしました。鎖骨が完全に外れてしまい、3月18日に鎖骨をボルトで固定する手術をしました。その時は、医師に「ボルトが取れるようになるのは3か月後だ」と言われました。
ところが、5月になると、鎖骨を固定しているはずのボルトが浮き上がってきた感じがしました。5月13日に担当医にそう伝えたところ、「そんなはずがないし、そんな話は聞いたことがない」と笑われました。でも、実際にレントゲンで撮影してみたら、やはりボルトが浮き上がっていました!!外れていた鎖骨がすでに回復して、ボルトが弾き出されていたようです。
その結果、予定より1か月も早い5月19日にボルトを抜くことができました。
驚くほど早い回復ができたのは、5月初めに生命電子カードを使った瞑想をしたからかな、と思っています。

☆  ☆  ☆

「深刻な悩み事があり、頭から離れませんでした。カードで脳をヒーリングしたら、頭がスッキリ。何を悩んでいたのか忘れてしまいました」(40代 女性)

「不安な気分になったときに、カードを胸にあててみたら、15分くらいで不安が消えました」(40代 女性)

「枕の下にカードを置いて寝たら、脳がスッキリして目覚めがいいです。体も軽く感じます」(40代 女性)

「生命電子カードで腸をヒーリングしていると、腸の上のほうに溜まっているガスが勢いよく音を立てながら降りてきました^^」(40代 女性)


admin の紹介

イルチブレインヨガ体験者の方から届いたヨガの効果と口コミ。イルチブレインヨガ・ブレインダンヨガは日本最大級で老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、呼吸法、瞑想法などの脳トレーニングを提供する脳活性化ヨガです。このサイトの口コミを参考にしてスタジオでぜひご体験ください。
カテゴリー: 生命電子   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。